アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
東京都葛飾区でアメリカンバー【オールディズ】を経営しています。お店での出来事なんかをツラツラと書き綴っているブログ。【バーボン銘柄辞典】もオマケ掲載しています。(家庭で気軽にバーボンやカクテルを愉しむためのブログから改めました)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジム ビーム 8年 ブラック
バーボンウイスキーの製造工程で必要なものに、前回書いた『内側を焦がしたオーク樽』の他に、ケンタッキー州特有の水『ライムストーン ウォーター』があります。

地盤が主に『ライムストーン』と呼ばれる『石灰岩』で作られているケンタッキー州。
その地下を流れる水は、その『ライムストーン』によって『ろ過』され、良質の清水となって湧き出ています。
その水は『ライムストーン ウォーター』と呼ばれ、雑味がろ過されてカルシウムが豊富に含まれており、その豊富に含まれたカルシウムの働きで、発酵の際に生じる『酸』を抑える効果もあり、バーボンウイスキーの旨みをさらに引き出してくれます。

ケンタッキー州特有の水『ライムストーン ウォーター』は、まさに『バーボンウイスキー造りのための水』と言っても良いでしょう。

ジムビームブラック

そんな訳で今回は前回紹介した【ジム ビーム】の【8年 ブラック】のご紹介。

このバーボンは、「2003 The Beverage Testing Ins.」 主催のテイスティングテストで、ウイスキー部門No.1の93点にもおよぶ最高得点を獲得しました。
世界売り上げナンバー1を誇る【ジム ビーム】の最上級品で、まろやかさの中に高級感が感じられます。

個人的には、スッキリとソーダ割りが好きですね。

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>




スポンサーサイト

テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ

ジム ビーム
今回はバーボンを熟成させる『樽』について。

普通のウイスキーは、『白木の樽』や『シェリー酒などの古樽』などを使うのですが、バーボンの場合それらとは全く異なります。
アメリカの連邦アルコール法に基づき、使われる『樽』は『オーク材で作られた新樽』なのですが、その樽の『内側を焦がしたもの』が使われます。
『内側を焦がす』事を『チャー』と呼ぶのですが、その焦がす具合はメーカーによって違い、それらが造られるバーボンの個性となるのです。

バーボンをその『樽』で熟成させる事により、バーボンに独特の『焦げ臭さ』を与えます。
その『焦げ臭さ』を私は『香ばしい』と感じるのですが、そこにバーボンの好き嫌いが分かれるようですね・・・。

ちなみに、初めて『樽の内側を焦がす』事をした人物は、特定されていません。
一説には、当時『樽』を作る業者の材料を保管していた倉庫が火事になり、それでも知らん顔をして作った『樽』が始まりだとか、また一説には、魚を運ぶ『樽』を流用し、臭いを消すために内側を焦がしたとか・・・。

どっちにしろ『偶然的』に出来た『樽』から、現在のバーボンが誕生したと言えるでしょう。

ジムビーム

そんな訳で今回は【ジム ビーム】のご紹介。
アメリカで「バーボン」と注文すると、まず出てくるのがこの【ジム ビーム】
それほどにアメリカではポピュラーなバーボンです。

1940年に発売されたバーボン【ジム ビーム】は、今や世界的に有名なバーボンのひとつ。
ワイルドにストレートでいってみますか!?

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>




テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ

I.W.ハーパー 12年
今回はバーボンの熟成年数について。

よく>「年数が古い方が美味しいよね」とか、>「このバーボンは何年もの?」なんて言われたり聞かれたりします。
ところが、実はバーボンに熟成年数はそんなに関係ありません・・・。
それはバーボンが造られる環境『ケンタッキー州』の環境と、熟成させる『樽』に理由があります。

スコッチウイスキーの場合、最低でも12年間の樽熟成を、さらに年数を重ねれば重ねるほど美味しさが増すとされていますが、実はバーボンウイスキーの場合、決してそんな事はありません。

スコッチウイスキーを造っているスコットランドは、年間を通じて涼しい気候です。
ところが、バーボンウイスキーを造っているケンタッキー州は、真夏には30度を超え、真冬では雪が降るほど寒くなる、非常に寒暖の差の激しい環境です。
実はこの寒暖の差の激しさが、樽の中で激しい呼吸を起こさせ、それにより内側を焦がした樽の成分が原酒の中に取り込まれ、バーボンウイスキー独特の味わいを生み出すのです。

そのためバーボンウイスキーの熟成樽は、外気をふんだんに取り入れられるようなオープンリック(開架式)構造のウェアハウスにて熟成されます。
このウェアハウス内の室温は、真夏には50度を超え、真冬にはマイナスまで下がります。
また、一番下のフロアと一番上のフロアでも気温は違うので、熟成の速度も変わってきます。

当然の事ながら、その年の気候によっても熟成の進み方は多少ながら変わってきます。
蒸留所によっては熟成樽を定期的に移動させ、熟成のばらつきを抑える努力をしているところもありますが、それでもなかなか一定の品質を保つことは難しいことです。
ですからバーボンウイスキーの場合、一概に何年熟成させれば良いとかと言うことは出来ないのです。

そこでバーボンウイスキーの場合、熟成の具合はテイスティングによってチェックされます。
熟成のピークを迎えた時点で、樽出しされるのです。

目安としては、だいたい6年~8年くらいで熟成のピークを迎える蒸留所が多いようです。
一般的なトタン張りのウェアハウスでは、これ以上熟成させると『過熟成』となり、樽の成分が出過ぎてしまい、雑味が混入、バーボンウイスキーに渋みや薬臭さを与えてしまうのです。

石やレンガ造りのウェアハウスを所有する蒸留所では、ウェアハウス内部の温度が比較的低く保たれており、そのためゆっくりと熟成が行われます。
そういったウェアハウスで、しかもしっかりとした温度管理の中で熟成されたバーボンウイスキーは、例えば【I.W.ハーパー12年】のように『12年以上熟成させることも可能』ですが、やはり樽出しのタイミングは、テイスティングによってチェックされています。

ハーパー12年

そんな訳で今回は、その【I.W.ハーパー 12年】のご紹介。

世界初のプレミアムバーボン、長期熟成品の先駆者的存在のこのバーボンは、まろやかな口当たりが特徴。
氷が溶けるを感じながら、のんびりとロックで味わいたいですね。

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>
【暑い夏をこれで乗り切る!】
【ひんやりスプレー涼2本セット】TVでも紹介されました!夏の焼けるような暑さも、コレ一本で爽快クールに!【美容と健康なら「らく楽気分」ショップ】【ひんやりスプレー涼2本セット】TVでも...
3,780円
シャツにシュッ!一吹きすれば、そこは北極に!いつでもどこでもクールダウン!コンパ...

Ads by 電脳卸


テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ

I.W.ハーパー ゴールドメダル
今回はアルコール度数『プルーフ』について。

バーボンのラベルに書いてある『プルーフ(PROOF)』とはアルコールの含有量を表記する単位で、アメリカの場合、『100%のアルコールを200プルーフ』と定義しています。
簡単に言うと、『プルーフ』は『度数』の2倍なので、例えば『101 PROOF』と書かれていれば、アルコール度数は『50.5度』、バーボンウイスキーの名前にもなっている『オールド グランダット 114』は、『114プルーフ』で、アルコール度数は『57度』ということです。

ちなみにイギリスの場合は、100%のアルコールを『175プルーフ』と定義していますので、お間違いなく。

ハーパー

そんな訳で今回は、とても有名なバーボン【I.W.ハーパー ゴールドメダル】
トウモロコシの含有量が86%と、非常に高めなので甘口に仕上がっている【I.W.ハーパー ゴールドメダル】は、入門用としても最適。
ソーダで割って、スッキリと飲みたいバーボンです。

ちなみに【I.W】とは、創始者《アイザック ウルフ》氏の頭文字。
以前>「『アイ ウォント』の略だよ・・・」と語っていたお客様がいらっしゃいましたが、誤りです・・・。

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>
【お中元にも・・・】




テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ

ヘンリー マッケンナ
先日のお仕事中、腹痛の激痛に見舞われ、近所の大学病院の救急診療へ。
診断結果は『尿路結石』・・・。
おかげでお仕事も3日間休業してしまい、ブログの更新も滞ってしまいました・・・。

それにしても、凄く痛い『尿路結石』
一説には、お産に匹敵する痛さだとか!
皆さんもお気をつけ下さいね。

ちなみに原因は、お酒には無いらしいので、そこらへんはご安心を!

ヘンリーマッケンナ

今回紹介するのは、幻のバーボンと言われた【ヘンリー マッケンナ】
現在では『ヘヴン・ヒル社』によって安定した生産が行なわれていますが、当時の製法は守られているようです。

これも暑い日に、軽くソーダ割りで飲むのが、個人的には好きですね。

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>




テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ

へヴン ヒル
先日の続き・・・。
お酒についての知ったかぶりとか勘違い。

『バーボン』ってのは、『アメリカ・ケンタッキー州で蒸留された事』というアメリカ連邦の法律があります。
この連邦の法律はかなり厳しく、それ以外にも、今後追って書いていきますが、いろんな規定が制定されています。
この法律に基づく限り、アメリカのケンタッキー州以外で『バーボン』というウイスキーは造ることが出来ないし、もしそれがあるとすれば、それは違法となってしまいます。

そんな事をふまえて・・・。
>「昔さあ、サントリーで出してたバーボン、何て言ったっけ?」

・・・すみません、恐らくそんなものは存在しません。
現在サントリーさんでは【アーリー タイムズ】なんかを輸入販売していますが、少なくとも『製造』はしていません、いや、出来ませんね。

>「あれが安くて美味しかったんだ~・・・」
恐らく何かと勘違いしているのでしょうが・・・。
アメリカ連邦での法律なので、もしかしたら日本では適用しないのかも知れませんが、私の知っている限りでは存在しません・・・。

まあそんな方が多い、バーボンに対しての認知度。
今度『バーボンの本』でも書こうかと思っている私ですが、出版関係のお友達に、>「まず需要はあるのか?ってところから会議が始まるよね」
ですよね・・・。

それでももし『需要あり』となったら、ケンタッキー州への取材費は出してもらえそう・・・。
そうなれば、ちょっと面白いですね。
自分の目で見て、もっともっと『バーボン』について勉強出来ますもんね。
それに目標を持って、頑張ってみますか!

ヘヴンヒル

今回紹介するのは、アメリカ最大の蒸留所『ヘヴン ヒル蒸留所』の自家製品【ヘヴン ヒル】です。
『ヘヴン ヒル蒸留所』は、数多くのブランドに原酒を提供しています。
その『ヘヴン ヒル蒸留所』の自社製品。
スッキリとした飲み口が、このバーボンの特徴です。

個人的にはソーダ割りが美味しいですね・・・。

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>
【飲酒運転は、ダメですよ!】




テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ

フォア ローゼズ プラチナ
昨日、久しぶりの給油。
我が愛車は『ハイオク』なんだけど、値段は『1L193円』
それでもこれは、現金カードによる値引き後のお値段なので、普通だと『1L198円』
・・・ふ~ん、高くなりましたな~・・・。

私は給油は、1~1.5ヶ月に1度くらい。
なのであまり気にしないけど、それでも毎日乗るような方は大変だな~・・・と、つくづく感じました・・・。

フォアローゼズプラチナ


そんな事はさておいて、今回紹介するのは【フォア ローゼズ プラチナ】
これは1992年に『ケンタッキー州・州立200周年』を記念して作られたプレミアムバーボン。
ちなみに現在では、日本でしか販売してない貴重なバーボンです。

とにかく飲みやすさがこのバーボンの特徴。
女性にも大人気のバーボンですので、是非とも飲まれることをお薦めします。

これは迷わずロックで飲みたいですね。

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>
【ガソリン代が高くなってます・・・こちらのカードで特典満載!】




テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ

フォア ローゼズ ブラックラベル
東京は本日大雨です。
毎月最終日曜日は、近所にある大きな都立公園の中で『ピクニックライヴ』と称してライヴ活動をしている私。
本当は今日もその予定だったんだけど、この天候により中止。
まあ、しょうがないですね。

来月は『バーベキューライヴ』を計画しており、バーボンなんかも飲みながらバーベキューをしながら、屋外演奏。
ああ、やはり日曜日は、おもてで過ごしたい・・・。

フォアローゼズブラック


今回は前回に続いて【フォア ローゼズ】の【ブラックラベル】のご紹介です。

前回も書きましたが、フォアローゼズのネーミングには素敵な伝説・・・。
どうぞ【フォア ローゼズ ブラックラベル】の詳しい説明文から、それを読んでみて下さい。

これはロックで飲りたいな~・・・。

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>
【甘いものでも食べたいな・・・】




テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ

フォア ローゼズ
愛車が車検から帰って来ました。
引き取りに行った際、愛車にて帰ろうとすると、タイヤのあたりからタイヤの回転に合わせて『パタパタ・・・』という異音が・・・。
さらに、普通左ハンドル車にはフロントガラスの右上に貼られているはずの法定点検のステッカーが、左上に・・・。

すぐに戻って、お店の方に言ってみる。
すると、>「すぐに工場でやりますので」と、待つ事数分。
>「原因がわかりました」と手際良く修理をしていただき、さらにステッカーも貼りなおしていただく。

いやいや、快適快適。
とは言いつつ、今回『要注意』の項目に、タイヤの交換とバッテリーの交換・・・。
これは今度『スーパーオートバックス』さんで、やらにゃああかんな~・・・。

フォアローゼズ


そんな訳で、今回紹介するのは、今さらながら【フォア ローゼズ】

このバーボンは、もともと『海外輸出用』として発売されたバーボンで、本国ではあまり販売していませんでした。
現在では販売されていますが・・・。

ネーミングについては、いくつかな素敵な伝説・・・。
それは、【フォア ローゼズ】の詳しい説明にて確認してみて下さい。

日本人には合うのかな?非常に飲みやすいバーボンウイスキー【フォア ローゼズ】
これも私はソーダ割りでスッキリ飲むのが好きですね。

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>
【うまそ~!・・・こんなお中元、いかがでしょう?】



テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ

オールド エズラ
昨日から愛車を車検に出しています・・・。
車の無い2日間・・・って、そんなにね、乗るわけでは無いんですが、それでも週に何度かはそれで仕入れに向かう私。
ドライブが好きなので、仕入れに関しては苦痛ではありません。
車検から返って来て、絶好調になっているのかな?
ちょっと返って来る明日が楽しみです。

ああ、車検代を稼がないと・・・。

オールドエズラ


今回紹介するのは、前回紹介した【エズラ ブルックス】の長期熟成品【オールド エズラ】

現在発売されているのは【7年】と【12年】
以前までは、日本向けに【15年】という長期熟成品があったのですが、会社が買収されたため終売に・・・。
それでも最近は復刻版が発売されているとの情報。
私はまだお目にかかっておりませんが、もし目にする事があったらぜひお試しされる事をお薦めします。

ああ、終売となった【15年】は、美味しかったなぁ~・・・。
たまに『Yahoo!オークション』で出品されていますが、かなりの高値がついています。
復刻版は美味しいんだろうか・・・?

どうあれこれは【オールド エズラ】は、ロックでチビチビやりたいですね。

###訪問して下さい###
私のお店のHP・・・アメリカンバー【オールディズ】にようこそ!
『洋酒』などを安く購入・・・こだわりの【オンラインショッピングサイト】
こんなブログも書いてます・・・とことん日本ハムファイターズ

*ブログランキングにも参加中しています*
このブログが面白いと思われた方は、クリックをお願いします
にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ

<PR>
【そろそろお中元・・・】




テーマ:ウイスキー - ジャンル:グルメ



プロフィール

みなつ

Author:みなつ
東京都葛飾区立石で、アメリカンバー【オールディズ】を経営している『みなつ』です。我が愛する【北海道日本ハムファイターズ】のブログも書いていますので、そちらにも訪問してみて下さい。



フリーエリア









バーボンなどの洋酒を探す・・・
【楽天洋酒市場】⇒

ビール探しはこちらから・・・
【楽天ビール市場】⇒

水にこだわってお酒を飲む・・・
【楽天水市場】⇒

ネットでお取り寄せ・・・
【全国うまいもんグルメ特集】⇒

新鮮な魚介類を・・・
【楽天海産物市場】⇒

美味しいお肉と共に・・・
【楽天肉市場】⇒

おつまみを探すなら・・・
【楽天お惣菜市場】⇒

ファッションも家電もサプリメントも・・・
【楽天市場トップページ】⇒







リンク



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。